循環器・呼吸器・アレルギー科の吉田クリニック|診療のご案内



ご予約・お問い合わせ

TEL 048-22-7677


診療時間

【午前】 9:00~12:30
【午後】 15:00~18:00

日曜、祝日、木曜午後、土曜午後は休診です。

【午前】
9:00~12:30
【午後】
15:00~18:00
×
×


診療外来

    • 循環器内科
      呼吸器内科
      アレルギー科
      心臓血管外科
      リウマチ科
      内科
      外科
      禁煙外来
  • 心臓の手術後、大動脈の手術後

    心臓の手術後やペースメーカー移植後の方には、ちょっとした風邪や ケガなど、軽い症状にもかかわらず、近くの診療所を受診すると、大きな病院に行くように言われた経験はありませんか?

    当院では、心臓病や心臓手術後の患者さまのサポートをいたします。 特に、人工弁置換術後などでワーファリンを服用されている方の凝固 能の検査は当院ではすぐに行うことができます。


    下肢静脈瘤

    下肢静脈瘤とは、足の皮膚の血管が大小たくさんのこぶのように浮き上がった状態で、 産後の女性や長時間立ち仕事をする方に見られることがあります。

    初期の段階では特に症状はありませんが、やがて足がつったり、むくみ、皮膚の変色などの症状が表れます。 最近では、エコノミークラス症候群の原因の一つとしても注目されています。

    当院は下肢静脈瘤のご相談に応じます。理学療法や硬化両方など、患者さまの病状に合わせてアドバイスいたします。                 ご遠慮なくお尋ねください。


    気管支喘息

    最近は、環境の変化から大人になってはじめて気管支喘息が発症する方も珍しくありません。 長引く風邪や咳だと思っていても、実は気管支喘息であることも。

    当院では、大人の方だけでなく、妊婦さんの喘息やお子さんの喘息の生活指導や維持管理をいたします。


    肺気腫

    禁煙に伴う肺機能の低下により、長引く咳、痰、労作時の呼吸困難感がつづき、あたかも風邪のような症状が数か月も長引く方がいらっしゃいます。風邪ではなく、肺気腫という病気の可能性があります。

    また、毎年健康診断で胸部レントゲンを撮影しても、癌や結核がない限り、肺気腫を指摘されないことも珍しくありません。喫煙者の方で、長引く風邪や頻繁に繰り返す咳が改善しない方は一度ご相談ください。


    禁煙外来

    当院では保険診療による禁煙外来を実施しています。タバコを吸い続けることにより、脳梗塞、心筋梗塞などの心臓病、動脈硬化、肺気腫、認知症などの病気の発症のリスクを高めます。喫煙者の方であれば、一度は禁煙を頑張ってみたことがあるでしょう。しかし、「ニコチン依存症」という、タバコには麻薬と同程度の依存性があるために、なかなか禁煙は自分の努力と忍耐力だけでは成功しません。そこで、ニコチン依存症は病気であることの認識に基づき、内服薬による治療を受けることが出来ます。

    診療開始日より3カ月に限って保険診療を受けることが出来ます。また、内服中は自動車運転や重機などの操作はできませんのでご注意ください。


    膠原病、リウマチ性疾患

    手や指、足などの関節痛があちこちに出てきて、「疲れたな?」とか「年のせいかな?」などと思っていると 関節リウマチや膠原病が原因であることも。時に内蔵の合併症を引き起こす場合もあります。 痛み止めや湿布を貼っても良くならない関節痛や、リウマチ性疾患が心配である時にはご相談ください。


    日頃の健康管理が大切です。

    日々忙しい現代人が悩まされる「メタボリックシンドローム」は、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病が引き起こす様々の合併症を含む病気の一群です。

    当医院では、日頃の皆さまの健康管理はもちろん、いざ入院が必要な病気になったときには、近隣をはじめとする専門病院への紹介をいたします。 また、セカンドオピニオン(第二の意見)やどこに相談すれば良いのか判断がつかない時なども、どうぞお気軽にご相談ください。